会社設立の代行を知ろう

会社設立までを、ワンストップに依頼する


いざ会社設立をと決め込んだものの、設立にこぎつけるまでには相当な準備が必要です。
いわゆるサムライ系の方(司法書士・行政書士・社会保険労務士……)に何らかの依頼をするのはイメージできても、一体誰に(何人に)お願いすればよいのか迷ったりします。
そして、事務所や店舗などが必要なら不動産関係の方にお願いしなければなりません。
その資金が足りないなら金融関係にお世話になる必要もあるでしょう。
また、そういった「ありがちな」準備だけではありません。
印鑑を作らねばなりません。名刺はいかにデザインしましょうか。目立つ看板を作りたくもなります。自社のホームページもチープではなりませぬ……。
こうした、会社設立に欠かせない作業を一手に引き受けてくれるのが(自社で全て行うあるいは、人を紹介してくれる)ワンストップ(サービス)と呼ばれるものです。
なお、当該サービスに止まらず、例えばコピー・ファックス・携帯電話などの通信関係のリースサービスなど、いわば、会社設立後までフォローしてくれるところもあります。

会社設立時書類作成の行政書士への報酬

自営業者が会社設立する場合、定款の作成や会社の登記などの手続きが必要となります。
定款作成や登記については書店で扱われている専門書でも詳細が記載されており、時間がある場合には自分で調べながら手続きを行うことも可能です。
しかし、これから会社を設立することを考えている起業者はいろいろとやることがたくさんあって忙しいことが多い為、自分でじっくりと会社設立手続きについて調べている余裕がないことが多いと考えられます。
忙しい起業者が確実に会社設立の為に必要な書類作成をするためには行政書士事務所などに業務を依頼すると確実だと言えます。
行政書士事務所にはいろいろと得意分野があり、会社設立に関する定款作成などを得意としている事務所もあります。
そういった行政書士事務所の得意としている業務についてはホームページなどで紹介されていることが多いので、依頼先の事務所をネットで探すことが出来ます。
書類作成の報酬についてもホームページに掲載されていることが多いので、依頼前にコストを把握することが出来ます。”

  • 会社設立と手順を示すフローチャートについて 会社設立というのは、会社を作ろうと考え準備を始めてから、法務局で会社を登記するまでの流れの事を会社設立などと呼んでいます。 会社を登記する事で、会社としての機能をスタートする事 …

    会社設立の手順と手続き